中学生の語学留学

語学を学び始めるのは、年齢が若ければ若いほど良いといわれています。
たとえば英語では13歳以下で学び始めた場合には、日本人特有のアクセントが出にくいそうです。
つまり、できるだけ若いうちにアクセントのない現地の言語に触れることは重要なことなのです。

そこで中学生のうちに語学留学をすることは、語学の習得のためにオススメできるでしょう。
最近では、中学生の夏休みに語学留学をする人も増えています。
海外では夏の長期休業を使ってサマーキャンプというものがあります。
語学自体を学ぶというよりも、自分の好きなことをしながら言語に触れるといったら良いのでしょうか。
スポーツや音楽など、自分の好きなコースを選ぶことができます。

中学生になると、たいてい日常生活のほとんどのことを自分で出来るので、一人でホームステイをすることもできるでしょう。
日本人の搭乗員が空港から付き添ってくれるコースを使えば、ほとんど心配はないといえるでしょう。
もちろん一人で語学留学をすることが心配でしたら、ご両親が一緒に渡航しホームステイをすることが可能なコースもあります。

中学生のうちから語学留学をして海外の文化に触れることは、大きな刺激になることでしょう。
語学を習得したいと考える場合には、早いうちの語学留学を検討してみてはいかがでしょうか

Prev Next