高校生の語学留学

高校生で語学留学をするのは、早すぎると思っている親御さんもいるでしょうか。
たしかに、いままで実家から一度も出たことがないお子様を海外に送り出すことは大きな勇気がいることでしょう。

高校生になると、語学留学の種類も様々なものを選ぶことができます。
期間も数週間から長期までで様々にアレンジすることができ、ホームステイのほかにも寮に入ることも可能になります。

最近では社会的にグローバル化の動きが進んでいます。
社会に出て働こうというときに、第2言語が話せることは暗黙の了解になっていくでしょう。
そうしたときに、テキストの中だけで言語を理解するのではなく、文化と共に勉強ができることはお子様の好奇心も刺激することができます。

特に長期の語学留学をした場合には、現地の友達やホームステイファミリーと現地の言葉を使ってコミュニケーションをしていく中で、言語を自然と身につけることができます。
もちろん、机に座って勉強をしないで言語をマスターすることは難しいでしょう。
しかし、言語を使わなければならない状況下では、勉強に対する意欲が変わってくるのです。
語学を習得するためにも、高校生のうちに語学留学をしてみるのも良いのではないでしょうか。

Prev Next