カナダへの語学留学で2ヶ国語を学ぶ

カナダで話されいる言語は英語だけだと思われていませんか。
カナダの公用言語は、英語とフランス語です。
たしかに、トロントやバンクーバー、カルガリーなどの都市で話されている言語は英語が中心です。
しかし、フレンチカナダと呼ばれるモントリオールの周辺では英語よりもフランス語が使われる機会が多いのです。
フレンチカナダで生活をするには、フランス語が分からないと…といわれるほどです。

そこで、カナダのその特徴を利用して1カ国滞在で2ヶ国語を学ぶという語学留学をしてみることも可能です。
特に、トロントで英語を学んでモントリオールでフランス語を学ぶという人が多いようです。
もちろんトロントでもフランス語は学べますが、日常生活でフランス語を使う機会はとても少ないためです。

モントリオールに語学留学の拠点を移すことで、フランス語の中で生活が出来るのです。
モントリオールでは、古くにヨーロッパから伝わってきた文化を感じることも出来ます。
美しいヨーロッパ調の町並みはトロントにいてはなかなか見られないでしょう。

もし英語とフランス語の両方の言語を学びたいという人がいるならば、ぜひカナダの東側に語学留学をすることをオススメします。

Prev Next